菊花賞 2019 個人的予想ブログ

競馬

菊花賞枠順確定後の個人的見解

 

 枠番

1枠 3勝

2枠 3勝

圧倒的に内枠有利、京都外回り3000m3角坂越え2度あり

外々を回される外枠特に8枠はマイナス材料

 

8枠は過去10年勝ち馬は0

関東VS関西

関西馬9勝に対して関東馬は1勝輸送がないため関西馬が

ダントツの勝利数

前走レース

神戸新聞杯 7-6-4-49

セントライト記念 1-3-1-46

神戸新聞杯組が7勝でトップ今年の勝ち馬サートゥルナーリアは

天皇賞(秋)に向かうため2着のヴェロックスには好材料です。

 脚質

逃げ          0-0-1-13

先行          6-4-3-25

差し           4-5-6-65

追い込み 0-1-0-47

 

勝ち馬は先行から中団の差し馬が多く逃げ馬や追い込み馬は

2~3着まで好位で折り合える馬を選びましょう。

最終見解

◎ ニシノデイジー

C・ルメール騎手に乗り代わりで鞍上強化し、さらに1枠2番引いたんで

おそらく4,5番手で競馬すると思われ内をそつなく回れれば勝ちも

みえてくるはず、当日のパドック次第ですが今回の本命にしたいと思います。

〇 ヴェロックス

1番人気であろう、ヴェロックスは7枠13番若干真ん中より外だけど

まあ大外じゃなのでブザマな競馬はしないはず。

▲ ザダル    2戦連続1枠2番、運命的なものも感じる

△ ヒシゲッコウ    スミヨン騎手に期待して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました