トレーニングパンツとは

子育て

トレーニングパンツとは

子供がトイレで用を足せるように練習用のパンツです。下着の濡れた感じの不快感を

覚えさせ「濡れて気持ち悪い」トイレでおしっこしなきゃと思わせる。

種類と特徴

布製 見た目は普通のパンツに見えますが中が層になっていて2~6層構造です。2層で約1回分

紙製 布製に比べて濡れた感じが伝わりにくいところがあるので布と併用するのがオススメです。

デメリット

濡れる可能性がある。
まだトイレトレーニングを始めて間もない子どもは、濡れた感覚が分からなくて
トレーニングパンツからおしっこが漏れてしまうこともあります。
おおよそ1回分の吸収量となっているトレーニングパンツががほとんどを占めているので
トレーニングを始めたばかりのころはこまめにチェックをして、「おしっこは、大丈夫?」と声掛けをしてあげると良いでしょう。

層の厚さ

布製のトレーニングパンツなら層の厚さが分かれているので、トレーニング段階に合わせて選ぶのがおすすめです。
最も厚い6層ならおおよそ2回分のおしっこ吸収量となっていて、トレーニング初期におすすめです。
層が薄くなるごとに履き心地も普通の下着感覚になります。

素材

布製ならオーガニックコットン、紙製なら日本製のものなどが肌触りが良くていいと思います。
また布製トレーニングパンツは洗濯をして何度も使用することができるので、
素材の良いものを購入すると破れたりせず長持ちします。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました